個別指導塾に向いているのはどんな子?

自分のペースで勉強をしたい生徒

勉強するときには、ライバルがいることでより学力を高めるきっかけになるでしょう。ところが、勉強するときにライバルがいない方がより高い学力を維持できる人もいます。前者の場合は集団学習塾に行けば結果を出しやすくなりますが、後者の場合は集団学習塾よりもどちらかといえば個別指導塾に行くことにより、結果を出しやすくなるでしょう。ライバルがいないことで、自分のペースで勉強することができ、それが功を奏するわけです。このような生徒は、ある程度自分で勉強する習慣がある生徒です。人に合わせるとおしゃべりをしてしまったりあるいは回りが気になって勉強ができない生徒なども、個別指導塾に通うとより良い結果を出すことができるようになります。

わからないところを集中して教えてもらいたい場合

ある程度自分で勉強ができる生徒でも、わからない部分が出てくるとそこでつまずいてしまい成績が落ちることが考えられます。そのような生徒に関しては、学習塾を選ぶ場合にも集団学習塾を選ぶより個別指導塾を選んだほうがよりよい結果を出しやすいです。なぜなら、個別の学習塾の場合は、わからないところに絞って徹底して教えてくれるからです。もちろん、事前に先生に「分からないところがあるのでじっくりと教えてほしい」と伝えておくことが重要になります。また、勉強があまりできない生徒も、個別指導塾を利用することで、現在学校で学習している内容ではなく基礎学習からスタートすることが可能になります。個別指導塾ならば中学校二年生が中学校一年生のはじめの部分からスタートすることや、小学生の内容にまで戻ることも可能です。